カートをみる ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

お花の選び方

お花を贈る用途は、お客様によって様々です。 その様々な用途の中からいくつかご説明いたします。
例えば、お祝いとお供え関係の二つの用途でご説明いたします。

■お祝い関係のお花の選び方

まずは、お祝い関係からいきましょう。お祝いといっても様々な祝い事があります。
一番問い合わせの多い物から行きますと、誕生日ですかね・・・誕生日にはその送られる方の好きな花が一番だと思うのですが、それがよく分からない場合その時期のお花がお勧めです。
後は、当店にお任せ頂ければいイメージにあったお花をチョイス致します。

■お供え関係のお花の選び方

次は、お供え関係です。こちらもお客様によって様々ですご葬儀のお供えの花なのか、法事のお花なのか色々ありますが、例えば葬儀のお花にしましょうか。

葬儀では、大体が白い菊が中心ではありますが、最近は洋花(ユリ、トルコキキョウ、カーネーション)などをまとめた感じの花束やアレンジメントがお勧めです。
内容の色合いは全体を白系でまとめるのが一般的だと思います。

次は、法事のお花です。
こちらはお供えする仏様の年数(亡くなられてからの年月)でお花の色や商品などが異なることがあります。亡くなられて間もないときは(一周期など)ご葬儀のときと同様あまり色々な花は入れないものをお勧めします。
補足ですが、葬儀・法事などの内容又は習慣などは、地域によって様々ですのでこちらの内容は参考にして頂ければよいかと思います。

■お花の選び方

選び方ですがお花の種類にも色々ですが、基本的には見た目で分かる新鮮さ当たり前のことですがこれがとても大事です。
まずは葉っぱがシャキッとしているもの、葉っぱの色が鮮やかなもの、(菊などはよく分かりやすいかと思います)
それとここだけの話ですが、お店の人と仲良くなることですね!
そうすれば色んな情報だったり、お勧めのお花だったりとかを自然に聞けると思いますよ。

当店に来店して下さるお客様は皆様がよくお花が持ちましたよと言ってくださるのでとても嬉しく思います。
補足ですが、葬儀・法事などの内容又は習慣などは、地域によって様々ですのでこちらの内容は参考にして頂ければよいかと思います。

■お求めになるタイミングとは、曜日、時間

まず曜日は、大体のお花屋さんは仕入れる曜日がある程度決まっているかと思いますが、何曜日がお勧めなのでしょうか?
それは当店の場合ですが「月曜と金曜」がいいタイミングだと思います。
時間は午後の3時以降がいいです。

なぜ曜日と時間がと言いますと仕入れの日が月曜と金曜が大体お花が入荷する曜日だからです。
もっと細かく言いますと金曜日が商品の種類も豊富にそろったりすることもあります。
それはなぜ?と思う人もいるかと思いますが、それは市場の品物の入荷量が金曜日が一週間の中で一番多いからです。

それと、時間ですがなぜ午後3時以降がいいと申しますと、お花は市場から入荷した時点ではまだ商品として出せる状態ではないので水揚という作業(お花を目覚めさせること)をしなければならないのです。
お花は全国各地、または全世界から届きますので、(その間、輸送中は寝ているのです)その作業をして、初めて花屋の店頭に並ぶわけです。

ですから最初に言った曜日と時間がタイミングになるのです。
更に細かく説明しますと月曜日と金曜日の次の日が更にいい状態でお花がお求めいただけると思います。
こう言ったように日常の生活に欠かせない商品だと思います。
ですから、どんな場面でもお花はなくてはならないものだと私は思います。
お花は生き物です表情があります。
手をかければ答えてくれます反対に何もしなければすくに枯れてしまいます。
ですから、一日でも長くいい状態でいてくれるお花を当店は提供できればと常に想い続けております。

ページトップへ